KIOI CONCERT MALTA SPECIAL JAZZ LIVE

KIOI CONCERTスペシャル版として、MALTAライブをお送りいたします。東京藝術大学出身で、現在母校で教鞭もとっている世界的サックスプレイヤーMALTA氏のジャズライブをお楽しみください。

日時  :7月27日(金)18:30~
会場  :紀尾井テラス1F 花の広場 ※雨天時は紀尾井プラザ
※ 東京メトロ「永田町駅」 9a出口直結
※ 東京メトロ「赤坂見附駅」 徒歩1分
観覧  :無料(全席立見)

出演者 :MALTA Planet Band
    :サックス/MALTA
    :キーボード/矢吹卓
    :キーボード/Akiマツモト
    :ドラム/ジーン重村
    :ベース/鳥越啓介
    :トロンボーン/忍田耕一

演奏曲目:Planet TReena
    :High Pressure
    :Love comes to you
    :Miracle Rainbow
    :Graduate
    :Autumn Leaves ほか

※会場内では、当社またはイベント主催者による写真や動画撮影が行われる予定です。
その際に会場内のお客さまが映り込む場合があります。
それらは、当社またはイベント主催者によるHPへの掲載、施設内のデジタルサイネージでの放映、イベント終了後の広告物、取材メディアによるテレビ/新聞/雑誌/WEBなどに露出/掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。


●プロフィール:
MALTA/サクソフォーン奏者/東京藝術大学客員教授
1949年鳥取県倉吉市出身。1973年東京藝術大学音楽学部器楽科卒業後、バークリー音楽大学に留学。同校で教鞭をとる。1977年ボストンからニューヨークに進出。デューク・エリントン楽団(マーサー・エリントン指揮)、チャールズ・ミンガス、ジャック・マクダフ等の一流ミュージシャンと共演後、1979年名門ライオネル・ハンプトン楽団に迎えられ、同バンドのリード・アルト兼コンサートマスターに就任。
1983年デビューアルバム「MALTA」を発表。1987年にはアルバム「SPARKLING」で第1回日本ゴールド・ディスク大賞に輝く。1988年発売の「HIGH PRESSURE」は全米でもリリースされ大ヒットとなる。2008年大阪芸術大学教授に着任。2010年9月自身のアトラム・レーベルからLIVEアルバム「DROPFLAME -My Hit Songs-」と「MY STARDUST -Jazz Standard-」を2枚同時発売。以降、毎年、CDをリリース。2011年「MALTA JAZZ BIG BAND」を結成。「MALTA Hit & Run」、「MALTA & イレブンオーケストラ」、「MALTA 七人のサムライジャズ」など編成の異なるバンドでも全国各地でコンサートを精力的に行っている。

2013年 母校の東京藝術大学客員教授に着任。
2014年 MALTAが研究したMALTAモデルマウスピース、リガチャーを製品化販売。
2015年 (株)ノナカでも一斉発売される。
2016年 東京藝術大学の教え子達をプロデュース。2016年には、彼らのCD発売。
MALTAのオリジナルシリーズとして、毎年Atlamレーベルからリリース。2015年「GRADUATE」、2016年「Miracle Rainbow」、2017年最新アルバム「MALTA PLANET」

MALTA公式:http://www.malta-jazzclub.com

矢吹卓/キーボード
埼玉県和光市出身5歳よりクラシックピアノを習う(2005年より社会人枠として桐朋芸術短期大学ピアノ科にて学び、2007年3月卒業)。東京学芸大学在学中より様々なジャンルのバンド活動を行う。卒業後ボストンのバークリー音楽院に半年間渡り、ジャズ、音楽理論を学ぶ。
帰国後は、ジャズクラブ、ライブハウス等での演奏活動に加え、坂本冬美、山本潤子(元・赤い鳥/Hi-Fi SET)、葛城ユキ、その他様々な歌手のバック、及び作曲やアレンジ、レコーディング、ガレッジセール・ゴリ氏へのピアノ指導等、プロアマ、ジャンルを問わず、様々な活動に参加。MALTA Hit&Runレギュラーメンバー。 MALTAのオリジナルCD「Gradute」、「Miracle Rainbow」2「MALTA PLANET」のレコ−ディングにも参加している。

ジーン重村/ドラム
大阪府出身。5歳からピアノを始め、中学生時代は吹奏楽部でホルンを吹く。14歳の頃からドラムでバンド活動を行う。19歳の頃、大学在学中より「モンデンサウンドクリニック」の講師となる。その後上京し、海老沢一博氏に師事。現在はMALTAバンドを中心に他多数のアーティストと共演。幅広い音楽性で、ジャンルを問わず、安定したリズム と繊細かつ大胆なドラミングに高い評価を受けている。

鳥越啓介/ベース
岡山県玉野市出身。高校卒業後社会人の傍ら地元のビックバンドなどで活動。1999年PHATのメンバーで2001年東芝EMI Blue Noteレーベルメジャーデビュー。シングル1枚アルバム2枚を残し2003年ワンマンライブを最後に解散。その後は国内および海外公演も含め自らのバンドを展開し種々のレコーディングにも参加。MALTAバンドメンバーに加入後は、大胆なその演奏はコントラバスという楽器の固定概念に捉われず、独奏楽器としての更なる可能性を追求している。

忍田耕一/トロンボーン
福島県郡山市出身。トロンボーン奏者・作曲家・アレンジャー・メイト音楽院講師。東京音楽大学在学中からプロ活動を始め1990年バークリー音楽大学、内田奨学基金より奨学金を得て渡米。ジャズ理論を学びながらストリートパフォーマンスやライブ活動を続け1993年帰国。様々なジャンルでバンド活動を行う。CM等のレコーディング、MALTABIG BNAD、七人のサムライジャズメンバー、そしてリーダーバンド「ブラックエレファンツ」を率いて全国各地の大道芸フェスティバル等出演中。

AKI マツモト/キーボード
東京藝術大学器楽科卒業。在学中に、ジャズサクソフォン奏者であり東京藝術大学客員教授であるMALTA氏が代表を務める株式会社マルタジャパンと契約。2016年10月ATLAM レーベルより"Passo a Passo & AKIマツモト" 1st アルバム「Ġ did fuzjoninja」リリース。楽曲制作も精力的に行っており、2017年4渋谷JZ Brat にて初のリーダーライブ"Shudie Sheddy BAND" を開催、満員御礼にて好評を博す。
「題名のない音楽会」に出演。2018年3月24日六本木クラップスにてリーダーライブ。2018年ふるさとライブ尾道では、MALTAとのデュオ演奏披露。今後の活躍が期待される。
ホームページ:http://www.malta-jazzclub.com/contact