数学×宇宙 ~トポロジーで読み解く時空のかたち~

私たちがすんでいる空間は平坦なのか、それとも球のように曲がっているのか、そもそも空間が曲がっているとはどういうことなのか、それは空間の中から認識することができるのか。一様に広がった空間は全体として、どのようなかたちになりうるのかについて、最近のトポロジーと幾何学の研究で大きな進展がありました。素粒子論からもたらされる高次元時空のコンパクト化など、最新の宇宙論の成果も交えながら、数学の立場から「時空のかたち」を読み解くことについてお話します。

日時  :12月19日(水)18:30~20:30(受付 18:00~)

会場  :紀尾井カンファレンス「セミナールームA・B」
●赤坂見附駅からのアクセスは こちら ※別ウィンドウで動画が再生されます
●永田町駅からのアクセスは こちら ※別ウィンドウで動画が再生されます

参加費 :1,000円(税込)

対象  :数学に興味がある20歳以上の方

講師  :河野 俊丈/東京大学大学院数理科学研究科教授(研究科長・カブリ数物連携宇宙研究機構兼務)

応募方法:事前申込制となります。
お申し込みは こちら
※ネットワーク回線状況によりつながりにくい場合がありますので、その際はお時間を空け再度ご確認ください。
※時間によりページが切り替わらない場合がございます。
※定員になり次第締め切らせていただきます。キャンセル待ちはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください
※満席後キャンセルが発生した場合は、12月19日(水)の11時に募集を再開させていただきます。なおキャンセルが無い場合、申し込みは再開いたしませんので、あらかじめご了承ください。
※お早めに決済手続きをよろしくお願いいたします。決済期限等については、Peatixをご確認ください。

<キャンセルポリシーについて>
・お申し込み日からイベント3営業日前(12月14日(金)23:59)までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、参加費をお返しいたします。
※期限を過ぎてからのキャンセルは返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(返金手数料が発生する場合があります。詳しくはPeatixをご確認ください。)

その他 :
会場内では、当社またはイベント主催者による写真や動画撮影が行われる予定です。
その際に会場内のお客さまが映り込む場合があります。
それらは、当社またはイベント主催者によるHPへの掲載、施設内のデジタルサイネージでの放映、イベント終了後の広告物、取材メディアによるテレビ/新聞/雑誌/WEBなどに露出/掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。


●講師プロフィール:
河野 俊丈
東京大学大学院数理科学研究科教授、カブリ数物連携宇宙研究機構を兼務。
専門は幾何学と数理物理学。著書として「曲面の幾何構造とモジュライ」「場の理論とトポロジー」「反復積分の幾何学」「結晶群」など。2013年度日本数学会幾何学賞受賞。