中嶋 大道 展

「人の心を動かすことが重要」と考える中嶋氏の彫刻は、独特の感性と技をもとに、厚さ6mmのステンレス板を大型プレス機によって整形されたパーツの数々と、それらを繋げる巧みな溶接と磨き技術から成り立っています。その大胆な表現はランドマークとしての高い存在評価を得て、全国60箇所以上に設置されています。

日時:7月23日(祝・木)〜8月25日(火)11:00~20:00
※スタッフ在廊時間11:00~18:00(日曜除く)
会場:紀尾井タワー2F オフィスエントランス
※ 東京メトロ「永田町駅」 9a出口直結
※ 東京メトロ「赤坂見附駅」D出口から徒歩1分
観覧:無料

●プロフィール
中嶋 大道
1944 長野県穂高町(現 安曇野市穂高)に生まれる

主な大型モニュメント等
白鳥(長野道安曇野インター)
恐竜(長野県小谷村 道の駅おたり)
カマキリ(長野市信州新町支所)
カブトムシ(長野県小布施町 竹風堂)
オオススメバチ(東御市 蜂天国)
カブトムシ(鹿児島県 道の駅くにの松原おおさき)   
道祖神(安曇野市 穂高神社)
トノサマバッタ(東京都多摩動物公園)
アリ、カブトムシ(米子市 弓ヶ浜公園)
ウサギ(シモンズギャラリー東京)
クワガタムシ、カブトムシ(駒ヶ根市 森と水のアウトドア体験広場)
デンデンムシ(長野県栄村)