PLAYFUL FUTURE SOUND MUSEUM

未来の音のミュージアム:PLAYFUL FUTURE SOUND MUSEUMへようこそ!
音色が色に変わる「音筆」、果物やスライムを触ると音が鳴ったり、光ってスクリーンの中の自分が揺らぐ「果物シンフォニー」、魔法のカメラにお絵かきをかざすと音が鳴り出して全体でジャムセッションのようになる「AR Doodle Band」、ウェブ上でカメラを開いてスマホやペットボトルをかざすと音が鳴り出して遠隔の人ともコラボできるウェブアプリ「Life Jam」…その他、音楽大好き! な高校生の岩井君が探る「都市の音風景:Sound Scape」、ロックギタリスト加茂フミヨシ氏による音楽レッスンに必要なデータを可視化するアプリの紹介―などなど、音楽への情熱とコンセプト・信念とテクノロジーが融合して生まれた、未来の音・音楽のプレイフル・インタラクティブな姿をご覧いただきます。色彩豊かな音世界とその背後のからくりをお楽しみください。

※本セミナーは会場での楽器演奏はございません。

※新型コロナウイルス感染症予防のため以下の事項にご協力ください。
 ・当日、受付では非接触温度計により体温の測定をさせていただきます。
 ・マスクの着用・手指の消毒をお願いいたします。
 ・間隔をあけ、座席数を制限しておりますのでレイアウトを変えないでください。
 ・感染拡大の状況によっては、お客さまの安全を考え、イベント中止の場合もあります。

※以下に該当されるお客さまのご来場はお断りいたします。お断りの場合、返金はいたしません。
 ①イベント当日および過去14日間で以下の症状(軽度の場合を含む)のある方
  ・発熱(37.5度以上)
  ・咳、咽頭痛、鼻汁、息苦しさ、倦怠感
  ・においがわからない、味がわからない
  ・頭痛、下痢の症状
 ②新型コロナウイルス感染拡大による入国制限が行われている国・地域からの帰国者(入国者)
 ③過去14日以内に保健所から新型コロナウイルス感染症患者と濃厚接触をされたお客さま
 ④新型コロナウイルス感染症のPCR検査を受け、または新型コロナウイルス感染症の疑いで医療機関を受診し結果・診断待ちのお客さま

*チケット購入者の情報は会場内で新型コロナウイルス感染者が出た場合、保健所・各自治体等の公的機関から開示要請を受けた際に情報提供いたします。取得した個人情報は上記以外の目的では使用いたしません。

日時  :9月26日(土)16:00~18:00(受付 15:30~)
     ライブ配信は9月26日(土)16:00~17:30

会場  :紀尾井カンファレンス「セミナールームA・B」
●赤坂見附駅からのアクセスは こちら ※別ウィンドウで動画が再生されます
●永田町駅からのアクセスは こちら ※別ウィンドウで動画が再生されます

参加費 :会場参加1,000円(税込)
     ライブ配信視聴500円(税込)

対象  :数学に興味がある20歳以上の方

講師  :中島さち子

応募方法:事前申込制となります。
     お申込みはこちら↓(9月1日(火)10:00より申込可能)
     会場参加 ライブ視聴
※ネットワーク回線状況によりつながりにくい場合がありますので、その際はお時間を空け再度ご確認ください。
※時間によりページが切り替わらない場合がございます。
※定員になり次第締め切らせていただきます。キャンセル待ちはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください
※お早めに決済手続きをよろしくお願いいたします。決済期限等については、Peatixをご確認ください。

<キャンセルポリシーについて>
・お申し込み日からイベント3営業日前(9月23日(水)23:59)までにPeatixメッセージ機能にてキャンセルのご連絡をいただいた場合は、参加費をお返しいたします。
※期限を過ぎてからのキャンセルは返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(返金手数料が発生する場合があります。詳しくはPeatixをご確認ください。)

その他 :
会場内では、当社またはイベント主催者による写真や動画撮影が行われる予定です。
その際に会場内のお客さまが映り込む場合があります。
それらは、当社またはイベント主催者によるHPへの掲載、施設内のデジタルサイネージでの放映、イベント終了後の広告物、取材メディアによるテレビ/新聞/雑誌/WEBなどに露出/掲載される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

●講師プロフィール:
中島 さち子
ジャズピアニスト・数学研究者・STEAMS 教育者
(株)steAm 代表取締役、(株)STEAM Sports Laboratory 取締役、(一社)follow your MUSE 共同代表
国際数学オリンピック金メダリスト(日本人女性唯一)。東京大学で数論・表現論を学ぶ一方、ジャズに出会い、本格的に音楽活動を開始。2005年は渋さ知らズオーケストラでロシア・欧州ツアーにて世界の音楽祭に参加。現在は音楽公演・数学研究の他、全国にて数学×音楽の講演やSTEAM(S)ワークショップ・PBL開発・実践、執筆、数理女子プログラム企画など、多彩な活動を展開中。リーダーアルバム ”Rejoice”(2010)、”Time, Space, Existence”(2016)、”希望の花”(2017)等。著書『人生を変える「数学」そして「音楽」』『音楽から聴こえる数学』(講談社)、絵本『タイショウ星人のふしぎな絵』(文研出版)、『すべての人の微分積分学』『ゼータの世界』(日本評論社)など。内閣府 STEM Girls Ambassador、米日財団主催日米リーダーシッププログラムフェロー。『未来の教室&EdTech研究会(経済産業省)』委員。