牛尾 卓巳展 「Shelter 0021」

私たちの身の回りに当たり前のようにある糸や繊維を、新たな視点で見つめ直し表現の材料として作品を制作している牛尾卓巳氏の作品展です。

「私たちは布を纏うことにより気候の変化や、怪我などの外傷の危険、紫外線などの有害物質から自身の身を守っている。物理的な意味だけでなく衣服として社会の中での役割を示す目的や自分を象徴するもの、表現するものとして社会的な意味でも機能している。私たちにとって布は自身を守る1番身近な「シェルター」であると言える。」

日時:1月8日(金)~2月22日(月) 11:00~20:00
※スタッフ在廊時間11:00~18:00(月~金)
会場:紀尾井タワー2F オフィスエントランス
※ 東京メトロ「永田町駅」 9a出口直結
※ 東京メトロ「赤坂見附駅」D出口から徒歩1分
観覧:無料

●プロフィール
牛尾 卓巳
武蔵野美術大学大学院造形研究科修了 相模女子大学准教授
2014 「Upperud Cabinet of Curiosity」Dalslands konstmuseum(スウェーデン)
2014 「Spar av Shibori」Ronneby Kultur Centrum(スウェーデン)
2018 「The 5th Textile Art of Today」Excellent Award 受賞(スロバキア、ハンガリー、ポーランド他)
2019 「AE4 - Asia Europe Fiber Art -」(ベルギー、ドイツ、デンマーク他) 他、多数出品

Pickup Event

数学セミナー 「数学×芸術 〜究極の美を探し求めて〜」 数学セミナー 「数学×芸術 〜究極の美を探し求めて〜」

数学セミナー 「数学×芸術 〜究極の美を探し求めて〜」

日時:2021年1月28日(木)18:30~20:0020:30

※新型コロナウイルス感染拡大状況により、イベント時間を18:30~20:00に変更、会場参加を中止しライブ視聴のみとさせていただきます。

2020年ノーベル物理学賞を受賞したペンローズ は画家の世界で例えると、ピカソや北斎だと思います。彼らは、自身が確立した画風の中に留まらず、卓越したセンスで新しいものに果敢に挑み続けました。本講演では、ダ・ビンチ、デューラー、北斎、エッシャー、コンウェイ、ペンローズなどを中心に、芸術の背後に潜む数理について解説し、また、エッシャー風の繰り返し模様のタイル張りの作り方を伝授する予定です。

KIOI WINTER '20/'21 KIOI WINTER '20/'21

KIOI WINTER '20/'21

日程:11月20日(金)~
※新型コロナウィルス感染拡大に伴う東京都の要請を受け、点灯時間を20時までとさせていただきます。

 “今”ある普通の生活に感謝し、そして、 “未来”の希望に満ちた新しい生活に期待する思い。
 東京ガーデンテラス紀尾井町のウィンターシーズンは、そんな思いをテーマにしたツリーやイルミネーションとともに、 “日々の生活に感謝しながら大切な人と未来を語り合う、温もりのある特別な冬のひととき”をお送りいたします。

KIOI FLOWERS 冬の花情報 KIOI FLOWERS 冬の花情報

KIOI FLOWERS 冬の花情報

冬の寒さが身に沁みる毎日ですが、東京ガーデンテラス紀尾井町ではイルミネーションが輝き、足もとでは冬の花たちも負けじとガーデンを彩っています。

イベント一覧をみる