JAZZ IN BACARO【KIOI JAZZWEEK 2022】

水の都ヴェネチアの郷土料理コースを気鋭の二人が織りなすジャズの世界を、Superbaccoからお届けします。

メニューはこの日のための特別コース、前菜からドルチェまで、水の都ヴェネチアの郷土料理を堪能いただけます。
演奏は自由かつ繊細な音楽観をソロからビッグバンドまで様々な表現を続けるピアニスト森田 真奈美と、温かな音色と歌うように奏でる演奏が魅力的なベーシスト寺尾 陽介の二人によるジャズをお楽しみください。

日時:9月29日(木)18:30開演・コーススタート(18:00開場)
会場:スーペルバッコ

料金:全席指定
   一般 12,500円(税込・1名さま)
   SEIBU PRINCE CLUB 会員さま 11,000円(税込、1名さま)
   ※SEIBU PRINCE CLUBカードは、西武グループの西武プリンスクラブポイント加盟店でのご利用でポイントが貯まるカードです。
   ※本チケットはSEIBU Smile POINT対象外です。

出演:森田 真奈美(ピアノ)
   寺尾 陽介(ベース)

メニュー:スーペルバッコ 特別コース
     ・乾杯ドリンク
     ・ヴェネチア風“チケッティ”前菜盛合せ
     ・全粒粉を練り込んだ自家製ビーゴリ
     ・馬フィレ肉のソテー
     ・ヴェネチア風ドルチェミスト
     ※内容は変更になる場合がございます。
     ※乾杯ドリンク以外の飲み物は有料(当日支払)となります。

応募方法:事前申込制となります。1名さまでの申込はできませんのであらかじめご了承ください。
     お申込みはこちら
     ※申込にあたり、申込ページをよくお読みいただきお申し込みください。
     ※プログラムの内容は、予告なく変更、中止となる場合がございます。
     ※ネットワーク回線状況によりつながりにくい場合がありますので、その際はお時間を空け再度ご確認ください。
     ※定員になり次第締め切らせていただきます。キャンセル待ちはお受けいたしかねますので、あらかじめご了承ください。


●プロフィール
森田 真奈美(ピアノ)
1984年埼玉県生まれ。4歳よりクラシックピアノを始めるが、中学生のときにジャズと出会い、ミシェル・カミロ、ミシェル・ペトルチアーニ、パット・メセニー、小曽根真などから影響を受ける。上智大学外国語学部英語学科入学後、2005年に米国バークリー音楽院に留学。在学中から欧米のコンペで数々の賞を獲得し、エスぺランサ・スポルディングやホーザ・パッソスと共演を果たす。同校2009年卒業後、自主制作アルバム「COLORS」が、大手レコード店で記録的なセールスとなる。 2011年〜2016年までのテレビ朝日系「報道ステーション」テーマ曲” I am” 、ラジオニッポン放送「おしゃべりらぼ〜しあわせSocial Design」テーマ曲、ラジオドラマ、コマーシャル等のサウンドトラックなども手がける。2016年より自身のジャズのルーツでもあるビッグバンドを率いてのコンサートも行っている。

寺尾 陽介(ベース)
埼玉県さいたま市出身。明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」に所属、コントラバスをはじめる。コントラバスを安カ川大樹氏に師事。これまでにジャズコンボ、ビッグバンドを中心に若手からベテランまで数多くのミュージシャンと共演。 またSteve Wilson氏(sax)、DouglasPurviance氏(btb)、John Mosca氏(tb)、Dennis Mackrel氏(dr)、Carl Saunders氏(tp)、Vladimir Shafranov氏(pf)など海外のミュージシャンとの共演、レコーディングにも参加している。2019年に渡米、名門ジャズクラブDizzy's club、Birdland jazzclubでの演奏を経験。帰国後はジャズ演奏に加えて、ミュージカル、アーティストサポート、スタジオレコーディングにも精力的に参加している。