KIOI
WINTER
'20/'21

大人の心に響く心穏やかな冬のひととき、自然と調和した豊かで心地良いKIOI WINTER FORESTへようこそ

  • 一年をしめくくる季節が巡ってまいりました。今年は新型コロナウイルス感染拡大により、日本だけでなく世界中で外出自粛や三密回避など、私たちの生活が大きく変わった一年でした。
  • そんな混乱した状況の中、今まで“普通”だと思っていた生活の素晴らしさに気づき、家族や友達、恋人や仕事仲間など、いつも自分を支えてくれる身近な人の大切さを改めて感じる、そんな年だったのではないでしょうか。
  • “今”ある普通の生活に感謝し、そして、“未来”の希望に満ちた新しい生活に期待する思い。
  • 東京ガーデンテラス紀尾井町のウィンターシーズンは、そんな想いをテーマにしたツリーやイルミネーションとともに、“日々の生活に感謝しながら大切な人と未来を語り合う、温もりのある特別な冬のひととき”をお送りいたします。

TREE

KIOI FOREST TREE

KIOI FOREST TREE

KIOI FOREST TREE

11月20日(金)より
場所:紀尾井テラス1F 花の広場

今年の紀尾井テラスには、約10mの生木を用いたクリスマスツリーが登場。色々なことがあった2020年。心を癒すKIOIの森を訪れてみませんか?人や自然を大切に思う豊かな心を生木を用いたツリーアートで表現。冬の森にすむアートカリグラフィーの木々の間には美しい動物たちと出会えます。彼らが秘めたメッセージは自然や生命の美しさを教えてくれ、訪れる人々の心と未来を明るく照らします。
今回のイベント後、KIOI Forest TREEで使用された木は育った場所へ帰り、また来年へと命をつなぎます。

KIOI FOREST WINTER カリグラフィー
fRAum プロフィール写真

アートカリグラフィーオブジェ制作fRAum

fRAum®は、ドイツ語の「文字 = fraktur」と「空間 = raum」を掛け合わせた造語。アートカリグラファーと空間デザイナーのデザインユニットとして始動。「文字 × 空間」「アート × デザイン」「 手仕事 × 先端技術」をコンセプトとして、プロダクトや空間におけるアートカリグラフィーの本質的価値を探る。

12月8日(火)にfRAumのお二人によるトークセッション&アートカリグラフィーをモチーフにしたフラワーアレンジメントを造るレッスンイベントを開催します。
詳しくはこちら

MAP

紀尾井町をめぐる
イルミネーション
散歩

紀尾井町イルミネーションマップ

電車を降りるとアトレ四谷の煌めきがお出迎え。街の灯を眺めながらホテルニューオータニ方面へ。ホテル正門のツリーを右に見て、ゴールドに輝く紀尾井町通りを弁慶橋目指して進みます。赤坂見附発の逆ルートもおすすめです。

紀尾井タワー

赤坂プリンスクラシックハウス

東京ガーデンテラス紀尾井町

オフィス・ホテル・商業施設・カンファレンスを備える「紀尾井タワー」、賃貸住宅棟「紀尾井レジデンス」、東京都の指定有形文化財・旧グランドプリンスホテル赤坂旧館を保存・復原しつつ新たな機能を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」からなる複合施設です。毎年恒例のイルミネーションはその数約41万球。今年はシャンパンゴールドに彩られます。

弁慶濠沿いのイルミネーション

アトレ四谷

エコステーション( エコステ)」第一号モデルのJR四ツ谷駅と共に積極的にエコロジーに取組んでおり、テーブル・ベンチ・床・案内板には廃材を使用し、屋上には太陽光パネルを設置しています。光差し込む館内、季節の植物、環境BGMなど自然あふれる癒しの空間は、訪れる方の毎日の暮らしや特別な時をサポートします。
公式サイトはこちら

ホテルニューオータニ

400年以上の歴史を有する、約1万坪の広大な日本庭園に囲まれた名門ホテル。この冬、巨大クリスマスツリーと光り輝くクリスマスリース、“都内ホテル最大級”の13万球のイルミネーションがホテルを包み込みます。
詳細はこちら

WORK SHOP

赤坂プリンスクラシックハウス
赤坂プリンスクラシックハウスで 優雅なレッスン&ティータイムを
ケーキセット

12月15日(火)

お正月飾りを作ろう
by レ ミルフォイユ ドゥ リベルテ

しめ縄に水引やお正月らしい花材(アーティフィシャルフラワー)を使用して、上品で華やかなお正月飾りを作りましょう。レッスン後のティータイムは赤坂プリンスクラシックハウスでのおいしいケーキとコーヒー・紅茶をお楽しみください。

  • 時 間:①13:30~15:30 ②16:00~18:00
  • 会 場:赤坂プリンス クラシックハウス 鏡の間
  • 参加費:6,600円(税込)材料費込み・お一人さま1個制作・ケーキ・コーヒー付き
  • 応 募:こちらよりお申込みください ※11月15日(日)より申込み可能

12月8日(火)

KIOI×アートカリグラフィー
知性と感性を磨くアートカリグラフィーの世界
by fRAum

日本で徐々に広まっているカリグラフィーの魅力を知る二時間。第一部は文字を美しく書く手法であるカリグラフィーをアートへ昇華したヨウコ・フラクチュールさんとアートディレクター雲野一鮮さんによるトークセッション。第二部は、美しいカリグラフィーをプリントしたペーパーと切り花を使って簡単なアレンジメントを作ってみましょう。

  • 時 間:15:00~17:00
  • 会 場:赤坂プリンス クラシックハウス プリンスルーム
  • 参加費:5,500円(税込)材料費・お茶菓子代込み
  • 応 募:こちらよりお申込みください
  • 講 師:ヨウコ・フラクチュール(アートカリフラファ―・アーティスト)
    雲野 一鮮(アートディレクター・空間デザイナー)
KIOI×アートカリグラフィー 知性と感性を磨くアートカリグラフィーの世界 by tfRAum
ヨウコ・フラクチュール

ヨウコ・フラクチュール

アートカリグラファー・アーティスト
イギリスやルクセンブルグやドイツで長く暮らし、本場で技術を学び、絵のように表現するアートとしての「魅せるカリグラフィー」の本物の技術と抜群のセンスは、 唯一無二の存在である。 銀座を拠点に自身のカリグラフィサロン「FRAKTUR」を開催。ARS scribendi ヨーロッパカリグラフィー協会会員。

雲野 一鮮

アートディレクター・空間デザイナー
繊維フォッション業界を中心に、店舗や展示会、オフィス、ショールームといった商環境の空間デザイン、ディスプレイ、VMD等、領域は幅広く、企業や地域の商品開発やブランディングも手掛ける。 デザイン教育にも力を入れている。
クモノデザイン株式会社 代表取締役、日本商環境デザイン協会正会員、日本空間デザイン協会正会員、日本ビジュアルマーチャンダイジング協会正会員、日本ディスプレイクリエイター協会アンバサダー、東京デザイン専門学校非常勤講師。

雲野 一鮮

EVENT

12月27日(日)

KIOI YEAR END STAGE 2020
ライブペイント×ピアノ協奏曲

世界を舞台に活躍する美術家と世界に羽ばたく気鋭のピアニストによるコラボアートイベント。さまざまなことが起こった2020年。1年のしめくくりに、貧困問題をアートで解決するための考え方「サステナブル・キャピタリズム」に触れる刺激的な時間をお届けします。世界でも有数の電子機器の墓場と言われるガーナにあるスラム街“アグボグプロシー”。この地の貧困と環境問題をアートの力で変えようとしている長坂真護氏のライブペインティングと2台ピアノによるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の演奏ハーモニーをどうぞお楽しみください。

  • 時 間:16:00~17:15(15:30 開場)
  • 会 場:紀尾井町カンファレンス メインルーム
  • 参加費:3,000円(税込)
  • 応 募:こちらよりお申込みください
  • 出 演:長坂 真護(ライブペインティング)
    三好 朝香(ピアノ ソロ)
    平尾 柚衣(ピアノ オーケストラパート)

長坂 真護

1984年生まれ。2009年、自ら経営する会社が倒産し路上の画家になったアーティストMAGOは、2017年6月「世界最大級の電子機器の墓場」と言われるガーナのスラム街“アグボグブロシー”を訪れ、1日わずか500円の日当で先進国が捨てた電子機器を必死に燃やしながら生きる彼らと出会い、“美術の力をもってこの真実を先進国に伝えたい”と決意。アートの売り上げから生まれた資金で、ガスマスクを現地に届け、2018年にスラム街初の学校『MAGO ART AND STUDY』を設立。そしてアグボグブロシー5回目の訪問で2019年8月、スラム街初の文化施設『MAGO E-Waste Museum』を設立した。この軌跡をエミー賞授賞監督カーン・コンウィザーが追い、ドキュメンタリー映画“Still A Black Star ”を現在制作している。

長坂 真護
三好 朝香

三好 朝香

ラフマニノフ国際コンクール(ロシア)にて第1位及びREGAL社特別賞受賞、PTNAピアノコンペティション特級 銅賞、日本ショパンコンクールファイナリスト、ショパン国際ピアノコンクールinASIA プロフェッショナル部門2位をはじめ数多く受賞。2021年ショパンコンクール(ポーランド)出場。 東京藝術大学学内にて成績優秀者としてモーニングコンサートおよび室内楽木曜コンサート出演者に選出される。ショパン音楽大学マスタークラス(ポーランド)を受講、ディプロマ取得。 国内にて数々のコンサート、リサイタルに出演。多数のオーケストラとも共演する。 東京藝術大学、同大学院修士課程を修了し、現在東京家政学院大学非常勤講師。

平尾 柚衣

愛媛県出身。 8歳でスメタナ室内管弦楽団とハイドンのピアノ協奏曲を共演。 第56回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部第3位。 第59、60、63、64回全日本学生音楽コンクール中学、高校生の部入選。 第19回フッペル鳥栖ピアノコンクールフッペル部門第2位。 第26回宝塚ベガ音楽コンクールピアノ部門第6位。 これまでに高野耀子、飯暢子、森山伸、角野裕の各氏に師事。ピアノデュオを角野裕氏に師事。 東京藝術大学音楽学部器楽科を経て、同大学院音楽研究科修士課程を修了。

平尾 柚衣

お正月を毎年華やかに彩る
草月流の正月花をお楽しみください。

草月流 正月装花展示

12月28日(月)~ 2021年1月17日(日)

草月流 正月装花展示

  • 場 所:1F 駐車場ロビー入口
    2F ウォールギャラリー(「成城石井」前)
    3F 特設会場

Winter MENU