歴史あるジャズの街から「スマイル」を

イベントテーマソングはこれからも笑顔で過ごしていきたいとの思いを込めて、ジャズの名曲「Smile」を。
ナット・キング・コールの歌声でおなじみの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
-今は微笑みましょう、笑顔でいれば “人生には価値がある” と思える時が来る-
そんな心に沁みる歌詞にのせ、紀尾井町で働くみなさんにご協力いただいて制作した動画を特設サイトでご覧いただけます。
「Smile」作詞作曲 J. Turner, G. Parsons and Charles Chaplin

SCHEDULE

JAZZWEEK日程 JAZZWEEK日程 スマホ版1 JAZZWEEK日程 スマホ版2
実はジャズの街? 紀尾井町界隈

「大名屋敷跡」や「上品なオフィス街」といったイメージが強い紀尾井町ですが、実はこのエリアは「ジャズの街」という顔もあわせ持っています。
コンサートホールやライブハウスがあるだけではなく、ジャズを愛好する人々が夜ごと交流するクラブやバーがあったエリアとして、昭和の時代よりその歴史を刻んでまいりました。
かつてこの地に建っていた「赤プリ」の愛称でおなじみの「グランドプリンスホテル赤坂」も、ジャズの生演奏が人気のカクテルラウンジを擁し、国内外のミュージシャンの宿泊・滞在先としても愛されてきました。
その跡地に建つ東京ガーデンテラス紀尾井町が昨年スタートさせたKIOI JAZZ WEEK。
今年はジャズを通じて紀尾井町の現状や、withコロナ時代へ向けてのエールをお届けいたします。

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

地上約180mからの眺望が広がるプリンスホテルの最上級ラグジュアリーホテル。
35Fのカクテルラウンジバー「Sky Gallery Lounge Levita」では、人気DJがセレクトした音楽とともにお酒を楽しめる「Gallery Music Night Out」を不定期開催中。

赤坂プリンス クラシックハウスの外観

赤坂プリンス クラシックハウス

昭和5年築のチューダー様式を基調とした洋館。9月29日(火)はMALTA SPECIAL JAZZ LIVEの会場となります。カジュアルフレンチレストラン「ラ メゾン キオイ」では不定期でジャズライブを開催中。

ホテルニューオータニの外観

ホテルニューオータニ

広大で緑豊かな由緒ある日本庭園に囲まれたラグジュアリーホテル。
JAZZの生演奏LIVEやDJによる音楽が楽しめるレストラン&バーが人気。期間中はKIOI JAZZ WEEKスペシャルコラボライブも開催。

紀尾井町サロンホールの写真

紀尾井町サロンホール

こだわりの音響設計とスタインウェイ・フルコンサートグランドピアノD-274による上質な音楽をお届けしています。KIOI JAZZ WEEK 2020テーマソング「Smile」の演奏動画収録会場。

Jazz Spot PACO

Jazz Spot PACO

ジャズを中心としたミュージックライブを行っているダイニングバー。ランチも人気。

『ゼン・カフェマリーナ』

ゼン・カフェマリーナ

麹町にあるライブカフェ。夜はライブバーとなり、発酵発芽玄米と麹を使った創作料理を提供。

SPECIAL LIVE

紀尾井町でJAZZとの出会いを
9.26 SAT

KIOI STEAM LAB
PLAYFUL FUTURE SOUND MUSEUM

ライブ配信あり

東京ガーデンテラス紀尾井町の人気講座「数学セミナー」企画・講師の中島さち子氏による、新しい音・ 音楽体験のメディアアート(AR音楽アプリ、機械学習×ウェブの音楽共創アプリ、果物オーケストラ…)を背後のからくりと共にご紹介します。
ギタリスト加茂フミヨシさん開発の新しいアプリ紹介もあり。

開 演
16:00~18:00(15:30開場)
※ライブ配信は17:30まで
会 場
紀尾井カンファレンス セミナールームA・B
講 師
中島さち子(音楽家・ 数学研究者・STEAM 教育者・メディアアーティスト・(株)steAm代表)Profile
定 員
30名
参加費
会場参加 1,000円(税込)
ライブ配信視聴 500円(税込)
申 込
事前申込制 下記からお申込みください
会場参加ライブ配信

※本セッションについては会場での楽器演奏はありませんのでご了承ください。

中島 さち子

ジャズピアニスト・数学研究者・STEAM 教育者・メディアアーティスト
(株)steAm 代表取締役、(株)STEAM Sports Laboratory 取締役
現在は主に音楽・数学・STEAM(教育)・メディアアートなどの世界で、国内外にて多彩に活動する。内閣府STEM Girls Ambassador。2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサー(「いのちを高める」学び遊び芸術スポーツ担当)。
国際数学オリンピック金メダリスト(日本人女性唯一)、東京大学理学部数理科学研究科卒、ニューヨーク大学Tisch School of the Arts, ITP(Interactive Telecommunications Program)修士(メディアアート)。経済産業省「未来の教室”とEdTech”」研究会研究員。フルブライター。米日財団日米リーダーシッププログラムフェロー。数理女子・東京大学理学部数理科学研究科共催ワークショップ企画担当。
主な著書に『人生を変える「数学」そして「音楽」』『音楽から聴こえる数学』(講談社)絵本『タイショウ星人のふしぎな絵』(絵:くすはらじゅんこ)他、
主なCDに中島さち子PianoTRIO ”Rejoice”、“希望の花”他。

加茂 フミヨシ(ギタリスト)

1974年、北海道生まれ。19歳の時から東京理科大学理学部応用数学科でIT技術を研究し、同時にギターを始める。大学卒業後、”音楽とITの融合”をテーマにした活動を始め、(株)ハンズオン・エンタテインメントにて音楽コンテンツのクリエイターとして有名アーティストのデジタルコンテンツを多数制作。
2000年よりアレンジャー、2005年よりギタリストとしても活動し、多数のアーティストの作品に参加。幅広いフィールドで演奏活動を行う傍ら執筆・プロデュース等を通じてアーティストの育成にも力を注いでいる。
「速弾きがうまくなる理由ヘタな理由」等ベストセラー著書多数。
2011年、「世界最大規模のオンライン・ギター・レッスン」のギネス世界記録を樹立。
2015年に教則DVD「右手の法則」がAmazonランキング大賞2015に、2016年に「スケールの法則」がAmazonランキング大賞2016に選出される。初心者からプロフェッショナルまで数多くのギタリストに超合理的な演奏理論で影響を与え続けている。
2019年より本・DVD、そしてオンラインレッスンの”その先”を生みだそうという目的で、デジタルハリウッド大学院に特別奨学生として進学し、音楽を軸にEdTech/STEAMに関する研究活動を行っている。

9.27 SUN

クロマチックハーモニカナイト

素朴さと独特の洒落心にあふれる音色で多くの人々を魅了するクロマチックハーモニカ。あらゆるジャンルを吹きこなす山下 伶氏が、柔らかでもあり、華麗さも持った多彩な音色を奏でます。

ライブ
18:30~19:15(18:20 開場・飲食提供スタート)
会 場
GARB CENTRAL(紀尾井テラス1F)WEBサイト
出 演
山下 伶(クロマチックハーモニカ)Profile
田辺 充邦(ギター)Profile
平山 織絵(チェロ)Profile
参加費
5,000円(税込)ワンプレ—トディナー・ワンドリンク付き
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください

山下 伶(クロマチックハーモニカ やました れい)

クロマチックハーモニカ奏者
埼玉県春日部市出身。横浜市在住。
桐朋学園芸術短期大学音楽専攻(フルート)卒業。 卒業後クロマチックハーモニカの音色に魅せられ、クロマチックハーモニカ奏者の徳永延生氏に師事。
2014年 第34回F.I.H. JAPAN ハーモニカ・コンテスト総合グランプリ受賞。 2016年7月、ビクターエンタテインメントよりアルバム「Beautiful Breath」でメジャーデビュー。
今までに4枚のメジャーアルバムをリリースし、収録オリジナル曲が、NTV系 news every.お天気コーナーテーマソングに3度採用される。
2018年8月 第6回ソウル国際ハーモニカフェスティバルに審査員、ゲストプレイヤーとして参加。
2018年10月1日『Candid Colors』が韓国のレーベルSantoki Musicからリリース。
2018年10月 WOMEN IN JAZZ VOL.9 にて、本田雅人B.B. Station、寺井尚子と共演。
『銀河鉄道999』シンフォニック・コンサートにて、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
出身地、埼玉県春日部市に2019年4月開校する春日部南中学校の校歌、作詞、作曲を担当。
ジャズ専門雑誌 JAZZ JAPAN AWARD 2018 制作企画賞 受賞。
2019年4月4日 テレビ朝日系「じゅん散歩」出演。
8月12日 第51回サマージャズ出演、寺井尚子、森口博子と共演。
9月7日 テレビ朝日系 「題名のない音楽会」出演。
最新アルバムは2019年11月27日「Eternal Ensembles」を日本コロムビアよりリリース。
今迄にクミコ、東方神起、林部智史、松本英子 等のレコーディングに参加。

田辺 充邦(ギター たなべ みつくに)

10歳からギターを始め、高校時代からジャズに傾倒しジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。
1985年からプロとしての活動を開始し、1988年に渡米。ニューヨークを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ねる。
1999年、岸ミツアキ・トリオで、カリフォルニア州・コンコードジャズフェスティバルに出演。 カウントベイシーオーケストラ、ローズマリークルーニー、マンハッタントランスファーなどと同じステージに立つ。
阿川泰子/八代亜紀、森口博子、岸ミツアキ/LOVE NOTES等、ライブやCD・DVDなどのレコーディングセッションにも数多く参加。
LOVE NOTESではTV番組のアレンジやCMソングの提供、CMにも出演。
PPMのPaul StookeyとLAでレコーディング。
テナーサックスのスコットハミルトン、ハリーアレンやピアニストのノーマンシモンズ,のツアーに参加。スコットハミルトン、ピアニストのジョンバンチとのレコーディングにも参加。
八代亜紀のジャズアルバム、夜のアルバム、夜のつづきの二枚でギターを担当。
最近では香港のアーティストVincy ChanやKwangorのレコーディングに参加。
また教則本の出版や音楽雑誌の試奏レポート等、他分野で活躍。
ビンテージギターのコレクターとしても有名。
最近ではSignature Model Yamaoka guitar MT17を使用。
2004年リーダーアルバム、Bernie's Tuneをスキップレコードより発売。
チェロとギターのユニット田辺商店でBossa Cradle,Get on a swingを発売。
ウェス・モンゴメリー、バーニー・ケッセル、フレディ・グリーン、などを敬愛し、ソロギターからビッグバンドのアンサンブルに至るまで、幅広いスタイル をこなすプレイヤーとして定評がある。

平山 織絵(チェロ ひらやま おりえ)

4才よりピアノを、15才よりチェロを始める。チェロを藤井晃、木越洋の各氏に師事。洗足学園音楽大学音楽学部音楽学科卒業。卒業後フリーのチェリストとして活動していたが、ジャズトロンボーン奏者の向井滋春氏が率いるジャズ・ストリングス・カルテットのメンバーになったの期に、ジャズへと傾倒。アドリブソロやベースラインを独学で学び、都内ジャズライブハウス等でライブ活動を展開すると共に、数々のアーティスト等のレコーディングやコンサートに参加、作曲や編曲も手掛ける。
'08年5月に、リーダーユニット'SJS(スーパー・ジャズ・ストリングス)’の初CD「Footprints」を発売。スイングジャーナル・ゴールドディスク大賞にノミネートされる。 '09年ジム・ホールwithストリングスの東京公演ではストリングスリーダーを務める。 '12年3月にSJSの2nd CD「S.O.S.」を発売。 D23 Expo Japan 2015のオープニングコンサートでは、ストリングスリーダー&編曲を担当。'17年10月にSJSのクリスマスアルバム「CHRISTMAS SONGS」を発売。
現在数々のユニットのメンバーとしても活躍すると共に、様々なライブを企画・作編曲&演奏を担当する等、バラエティーに富んだ活動を展開中。

9.27 SUN

スペシャルディナーとマヌーシュジャズの夕べ
フランス発祥・マヌーシュジャズを味わう

ジプシー(ロマ)の伝統音楽とジャズを融合させたフランス生まれの「マヌーシュ・ジャズ」。時に哀愁たっぷり、時に情熱的なマヌーシュ・ジャズの世界を山本 大暉氏率いるJazz Manouche Trioでお届けします。気鋭のシェフ・古澤 英夫によるフランス北部のキュイジーヌとあわせてお楽しみください。

ライブ
19:00~19:45(18:20 開場 18:40 ディナースタート)
会 場
Le FAVORI(紀尾井テラス3F)WEBサイト
出 演
山本 大暉(ギター)Profile
ニコラ・カレ(ギター)Profile
阿部 恭平(ベース)Profile
参加費
15,000円(税込)特別ディナーコース・ワンドリンク付き
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください
※料理写真はイメージです

山本 大暉(ギター やまもと だいき)

1992年、福岡県出身。
13歳でエレキギターを始める。一年後にDjango Reinhardtの音楽に出会いマカフェリギターに転向、以来Jazz Manouche一筋。
2012年より渡仏を繰り返し、Mathieu Chatelain氏に師事、このジャンルに特有の伴奏方法「ポンプ」に精通する、国内はもとよりアジア圏でも稀有な演奏者として知られる。
2018年、日・仏・韓合作のGypsy Jazzアルバム「Wish you were」でレコードデビュー、同アルバムでAntoine Boyer氏と共演。
2019年、英国ウェールズで開催されたMarch Manouche festivalに参加、1日目のステージでTcha Limberger,Denis Chang, Christian Van Hametらと共演。
Dorado Shcmittをして「君の音楽は全て君のハートから来ている、それがたまらなく好きだ」と言わしめた熱く繊細な音色と日本人離れしたスウィングのセンスに定評がある、現在国内で最も勢いのある若手Jazz Manoucheギタリスト。

ニコラ・カレ(ギター)

1980年フランス生まれ、20代で初めてDjango Reinhardtを聴いてオランダでJazz Manoucheの奏法を学ぶ。このジャンルに特有の伴奏方法「ポンプ」の専門家であり、そのスウィング感でシーンを支える影の立役者。

阿部 恭平(ベース あべ きょうへい)

1982年生まれ。神奈川県横浜市出身。
16歳よりエレクトリック・ベースを始め、22歳からコントラバスを始める。
06年渡仏。Samy Daussatのセッションのホストを務めるうちに多くの地元ミュージシャンと交流を深める。07年パリ郊外、Montreuilで行われたフェスティバルManouche Factory2007にTchavolo Schmittカルテットの一員として参加。フランス滞在中、オーケストラ・ド・コントラバスのリーダー、Christian Gentetにフレンチ弓の奏法を師事。07年に帰国。同年、文化放送ホールにてBoulou Ferre, Elios Ferre, Rodolphe Raffalliと2日間のコンサートに参加。08年のMontreuilのManouche Factory2008のクロージングアクトにてBoulou Ferre, Elios Ferreと共に演奏。
16年、1月にオランダのアムステルダムのDjango Amsterdamに、7月にスコットランドのエジンバラのEdinburgh Jazz Festivalに河野文彦、手島大輔とのトリオTokyo Django Collectiveで参加。9月、同トリオで東京ジャズに出演。
2017年2月、同トリオでフランス在住バイオリニストFlorin Niculescuのライブに参加。8月、ジャンゴ東京フェスティバルに招待されたAdrien Moignardと同フェスティバルに出演。大阪、広島のツアーも行う。またフェスティバルの記念CDとしてレコーディングも行った。同年12月、フランス人歌手Jil CaplanとギタリストRomaneのユニット、Jil Caplan×Romaneの日本ツアーにベーシストして参加。
都内近郊にて活動中。

9.28 MON

牧野竜太郎 ティータイムライブ

KIOI JAZZ WEEK2020テーマソング「Smile」のメインボーカルであり、多方面で活躍中のボーカリスト牧野 竜太郎氏。まっすぐに心へと響くあたたかい声にのせて、ジャズの魅力を満喫できる午後のひとときをお届けします。

ライブ
15:30~16:15(15:00開場・飲食提供スタート)
会 場
GARB CENTRAL(紀尾井テラス1F)WEBサイト
出 演
牧野 竜太郎(ボーカル)Profile
松尾 由堂(ギター)Profile
中嶋 錠二(ピアノ)Profile
参加費
3,000円(税込)軽食・ワンドリンク付き
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください

牧野 竜太郎(ボーカル まきの りゅうたろう)

1979年11月19日鎌倉生まれ。15歳で渡米。アメリカ・カナダで高校生活を終える。卒業とともに幼い頃から身近にあった音楽に目覚め、大学はニューヨークにて音楽を専攻。
2002年に帰国し、歌の勉強を本格的始めると共にライブ活動を開始。そして、2008年7月に初のフルアルバム”R.M”をリリース。ジャズ、ポップス、オリジナルで構成されたCDは多くのメディアに取り上げられる。2012年9月5日にはセカンドアルバム”kind of love”発売。同年秋に念願のニューヨーク凱旋公演を行い大成功に終わる。2013年10月より毎年本人を中心に、“鎌倉じゃず祭”を開催している。
歌う事の傍らラジオ番組パーソナリティーや、2016年にはミュージカルにも出演。2015年にはマクドナルドの新CMにモデルとして採用。
2016年11月から現在に至り、みずほFGのCMソングを担当。他多数のCMソングにて歌声が採用される。2017年6月21日に3rdアルバム、”THE DOOR”発売。サポートとして、2018年、2019年にはバックグランドシンガーとして米倉利紀のツアーにも参加。2019年には小柳ゆきのライブにもサポートとして参加。
関東を中心に全国のライブハウス・コンサート・イベントに精力的に活動中。ジャンルにとどまらない活動とライブパフォーマンスは幅広い層から支持を得ている。

松尾 由堂(ギター まつお ゆうどう)

福岡生まれ、佐賀、熊本と移り住む。中学時代にBob Dylanに傾倒、15歳でギターを始める。東京大学入学と同時に上京、森田修史(ts)の演奏に衝撃を受け、ジャズを聴き始める。2003年頃よりプロとして活動を開始。2012年リーダーバンドによる初のアルバム「BONANZA」発売。各地で好評を得る。
2018年大口純一郎(pf)氏を迎えた自己のカルテットで2ndアルバム「Songsin motion」をSONG Xレーベルより発表。同年ネットオーディオ誌の協力により初のソロギターアルバム「Atlantic stories」発表。現在は鈴木直人(gt)とのデュオや自己のトリオのほかジャズ系のセッションワークを中心に活動中。

中嶋 錠二(ピアノ なかじま じょうじ)

1981年生まれ、青森県八戸市出身。
高校までクラシックピアノを学び、尚美学園大学ジャズ&ポップスコースに入学。
坪口昌恭氏に師事し、ジャズピアノを学ぶ。
これまで、類家心平、梶原まり子、安藤正則、吉田豊、向井滋春、佐藤洋祐、青木カレン、牧山純子、小杉敏、大山日出男、金子健、井上功一、藤井学、纐纈歩美、国貞雅子、木村由紀夫、Breeze、などと共演。(敬称略)
自己のトリオ等をはじめ、様々なバンドで活動している。尺八や和太鼓などの和楽器との演奏もしている。
様々なCDなどの作品に参加しており、2014年2月には類家心平&中嶋錠二の名義で『N.40°』をリリース。
現在、都内などを中心に全国各地で活動中。
2018年にはスロベニア共和国、中華人民共和国での公演に参加。

9.28 MON

星空の集い。KIOI JAZZ WEEK 2020コラボスペシャル
天体電視観望会とフルートライブ~星に願いを~

ライブ配信あり

東京ガーデンテラス紀尾井町の人気イベント「星空の集い。」とジャズのコラボレーション。
今回初となる電子望遠鏡による観望会を開催します。フルートのライブにのせて、都会の夜空に輝く木星、土星、月などを観察してみませんか?

ライブ
18:30~19:00 ※19:00~20:00観望会
会 場
紀尾井テラス3F 空の広場
※雨天・曇天の場合は紀尾井カンファレンスにて開催
出 演
居城 ⿇⾥⾐(フルート)Profile
双⽊ 千鶴(フルート)Profile
参加費
500円(税込)
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください

居城 ⿇⾥⾐(フルート いじろ まりい)

埼⽟栄⾼等学校、武蔵野⾳楽⼤学卒業。⽩尾 隆、安⽥ 久美⼦、清⽔滋⼦の各⽒に師事。
今までにフリーランス奏者として、室内楽、美術展、ブライダル演奏、⾳楽鑑賞会などで演奏。
また、中学校・⾼校にて吹奏楽やフルート講師をする他、⾃宅⾳楽教室にて後進の指導に⼒を⼊れている。

双⽊ 千鶴(フルート なみき ちづる)

埼⽟県⽴芸術総合⾼等学校、東京⾳楽⼤学卒業。三上 明⼦、植村 泰⼀、⼤⾒幸司、若⼟ 祥⼦の各⽒に師事。
今までにソリストとして、関⻄フィル、読売交響楽団と協奏曲を共演。
レストランコンサートやロビーコンサート、その他イベント演奏などの演奏活動を⾏う。

9.29 TUE

ピアノ&フルートデュオ ランチタイムコンサート

粒立ちの良い美しいピアノの音色を奏でる清水 絵理子氏と、ジャズ魂にあふれ透明感のあるフルートの音色を響かせる小島 のり子氏。最小限の編成でジャズの世界へ誘います。人気のノマドグリル・ラウンジの味も楽しめるお得なプログラム。

ライブ
12:30~13:15(12:00開場・12:20飲食提供スタート)
会 場
NoMad Grill Lounge(紀尾井テラス4F)WEBサイト
出 演
清水 絵理子(ピアノ)Profile
小島 のり子(フルート)Profile
参加費
5,000円(税込)食前ノンアルコールスパークリング・特製ワンプレートランチ・食後にカフェ・お茶菓子付き
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください

清水 絵理子(ピアノ しみず えりこ)

東京品川生まれ。
祖母がピアノとエレクトーンの先生をしていた影響で、幼少の頃より楽器に親しむ。5歳から本格的に習い始めその後ネム音楽院にてクラシック・作曲法等学ぶ。16歳で大作曲家ショスタコーヴィッチの息子であるマキシム・ショスタコーヴィッチ指揮のもと、新日本フィルと共に自作の協奏曲を演奏。その他、フランス・ドイツ・ポーランド・ウィーン・イスラエル・アメリカ等、海外演奏の経験も豊富に積む。
その後一度音楽の道を離れるが、19歳の時にアルバイト先でジャズに初めて出会い、それまでとは全く違う音楽感に強く惹かれ独学にて勉強を始める。東京お茶の水にある老舗NARUの先代オーナー故成田氏に声をかけてもらい、毎週ピアノトリオで出演するようになる。また成田氏の引き合わせによりts山口真文氏のセッションに参加。以降実力派ミュージシャンとの共演を重ねて行く。
多数のレコーディングにも参加、自身のアルバムは2010年「SORA」2013年「Aftergrow」をリリース。2018年3作目となるニューアルバム「Double axes」発売。
現在は ts峰厚介カルテットのレギュラーメンバー、そのほかDUOユニット等、様々な形態のライブで活動。

小島 のり子(フルート こじま のりこ)

大学在学中にジャズに興味をもち、大学と掛け持ちで武蔵野音楽院に入学。柳原淑乃氏に師事。実技、学典、理論、作曲等を学ぶ。また、早稲田大学モダンジャズ研究会および東京工業大学ロスガラチェロスに所属。卒業後、大友義雄氏、井上淑彦氏、渡辺博彦氏に師事。
数多くのミュージシャンとの交流を持ち、ライブを中心とした演奏活動をおこなっている。
2005年よりサケオフィス・テラダの企画で居酒屋ライヴ開始。名酒シリーズのオリジナル曲と名酒のコラボレーション・ライブを展開中。童謡やポップスなど親しみやすいメロディーをジャズ・アレンジしたレパートリーも、好評を博している。

9.29 TUE

MALTA SPECIAL JAZZ LIVE

ライブ配信あり

MALTA Hit & Runが今年も登場! 世界的なサックスプレイヤーMALTA氏による熱いエンタテインメント・ジャズをお届けします。

開 演
18:45(18:00開場・18:30飲食提供スタート)
会 場
赤坂プリンス クラシックハウス グランドガーデンルーム
出 演
MALTA(サックス)Profile
布川 俊樹(ギター)Profile
矢吹 卓(キーボード)Profile
吉田 豊(ベース)Profile
ジーン 重村(ドラム)Profile
参加費
会場参加:5,000円(税込)フィンガーフード・フリードリンク付き
ライブ配信視聴:1,000円(税込)
申 込
事前申込制 こちらよりお申込みください

MALTA

1973年に東京藝術大学音楽学部器楽科卒業後、バークリー音楽大学に留学。同校で教鞭をとる。
1977年にニューヨークに進出し、デューク・エリントン楽団、チャールズ・ミンガス、ジャック・マクダフ等の一流ミュージシャンと共演。1979年に名門ライオネル・ハンプトン楽団に迎えられ、同バンドのリード・アルト兼コンサートマスターに就任。1983年デビューアルバム『MALTA』を発表。1988年発表の『HIGH PRESSURE』は、全米でもリリースされ大ヒットとなる。
2008年大阪芸術大学の教授に就任。さらに2013年母校の東京藝術大学客員教授としてジャズ概論の教壇に立ち、後輩の育成、プロ・アマを問わない音楽発展に尽力するなど幅広い活動を繰り広げている。出身地倉吉市観光大使。2013年~2017年「Jazz in 藝大」。2016年には東京藝術大学の教え子達をプロデュース。『MALTA Jazz Big Band『MALTAHit&Run』『MALTA&イレブンオーケストラ』『MALTA七人のサムライジャズ』など編成の異なるバンドで全国各地で精力的にコンサートを行っている。 http://www.malta-jazzclub.com

布川 俊樹(ギター ぬのかわ としき)

中学時代にマイルス・デイヴィスを聴いてジャズに目覚める。東京工業大学在学中から様々なコンテストで優勝し、1981年ミッキー.カーチスのサポートでプロ活動開始。85年マルタHit&Runに参加。その後幅広い音楽活動のかたわら、VALIS(ヴァリス)を率いてデビュー作「ヴァリス」(91年)から2003年解散までに5枚のアルバムをリリース。その他大ヒットした「ウルトラマンジャズ」(98年)はシリーズ化して全5作のアルバムをリリース。最新作は、23枚めのリーダーアルバムである若手男性ヴォーカリストの逸材和田明とのユニットアルバム「Blue Journey / 和田明 布川俊樹」(19年)。また教則本、映像も多数あり「ジャズ.ギターの金字塔」シリーズ4作はベストセラー。2015年には自主制作教則本「布川俊樹のThe Standard Jazz Guitar」、2020年には「ジャズ.ブルース.ギターの金字塔」も発売した。洗足学園音楽大学ジャズコース講師を2000年より務めている。

矢吹 卓(キーボード やぶき たく)

5歳よりクラシックピアノを習う。(2005年より社会人枠として桐朋芸術短期大学ピアノ科にて学び、2007年3月卒業)
東京学芸大学在学中より様々なジャンルのバンド活動を行い、卒業後ボストンのバークリー音楽院に半年間渡り、ジャズ、音楽理論を学ぶ。帰国後は、ジャズクラブ、ライブハウス等での演奏活動に加え、坂本冬美、山本潤子(元・赤い鳥/Hi-Fi SET)、葛城ユキ、その他様々な歌手のバック、及び作曲やアレンジ、レコーディング、ガレッジセール・ゴリ氏へのピアノ指導等、プロアマ、ジャンルを問わず、様々な活動に参加。 国内の数々のアーティストの他、Allen Hinds(Gt)、Hadrien Feraud (Ba)の日本でのLive・クリニックでのサポートも行うなど、国内外で非常に高い評価を得ている。

吉田 豊(ベース よしだ ゆたか)

ジャズ奏法を金澤英明氏、クラシック奏法を太田宏氏、佐川裕昭氏に師事。筑波大学在学中に横島和裕(p)トリオとしてプロデビュー。卒業後、一時北海道で教員を勤めるが音楽への想いから再びジャズシーンに復帰。2004年横浜ジャズプロムナードコンペティションにおいて海野雅威(p)トリオで出場、グランプリおよび横浜市民賞受賞。現在関東を中心に活動、全国の学校訪問や地域交流活動を盛んに行い、全国各地を訪問、2014年からは山口県高校文化連盟の依頼により毎年芸術鑑賞会を開催し、地元の学生へジャズの魅力や素晴らしさを伝え続けている。奏活動以外では、2010年、中高生のためのコントラバス教本(ドレミ出版社)を執筆以来3冊の教則本を手がけ、学生に好評を博している。

ジーン 重村(ドラム じーん しげむら)

5歳からピアノを始め、中学生時代は吹奏楽部でホルンを吹く。吹奏楽でポップスや「ハイ・プレッシャー」(MALTAオリジナル)のようなフュージョンを演奏しているうちにバンド演奏がしたくなり、14歳の頃からドラムでバンド活動を行う。19歳の頃、大学在学中より「モンデンサウンドクリニック」の講師となる。その後上京し、海老沢一博氏に師事。様々なセッションに参加し腕を磨き、プロとしての活動をスタートする。現在、MALTA Hit&RunのレギュラーメンバーとしBANDを引っ張っていくと共に、他多数のアーティストと共演。NHK『夢りんりん丸』にレギュラー出演していた事もあり、子供から大人まで人気を集め、幅広い音楽性で、ジャズ、ラテン、ファンク、ポップスなどジャンルを問わず、安定したリズムと繊細かつ大胆なドラミングには高い評価を受けている。

9.30 WED

KIOI STEAM LAB
KIOI JAZZ WEEK×数学セミナー

数学 × 音・コードの動き

ライブ配信あり

本セミナーでは、コルトレーンチェンジやジャズ・現代音楽で模索されてきた色々なコード・音の並びの数学的構造を視覚・聴覚・思考にて模索します。
Trio MATHEMATA(中島さち子 piano/鈴木広志 sax/相川瞳 percussion)ミニライブ演奏・配信もあり!

開 演
18:30〜20:30(18:00開場)
会 場
紀尾井カンファレンス メインルーム
講 師
中島さち子(音楽家・数学研究者・(株)steAm代表)Profile
ゲスト
Trio MATHEMATA
鈴木広志(サクソフォン奏者/作曲家)Profile
相川瞳(パーカッション奏者・ビブラフォン奏者)Profile
定 員
40名
参加費
会場参加 1,000円(税込)
ライブ配信視聴 500円(税込)
申 込
事前申込制 下記よりお申込みください
会場参加ライブ配信

中島 さち子

ジャズピアニスト・数学研究者・STEAM 教育者・メディアアーティスト
(株)steAm 代表取締役、(株)STEAM Sports Laboratory 取締役
現在は主に音楽・数学・STEAM(教育)・メディアアートなどの世界で、国内外にて多彩に活動する。内閣府STEM Girls Ambassador。2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)テーマ事業プロデューサー(「いのちを高める」学び遊び芸術スポーツ担当)。
国際数学オリンピック金メダリスト(日本人女性唯一)、東京大学理学部数理科学研究科卒、ニューヨーク大学Tisch School of the Arts, ITP(Interactive Telecommunications Program)修士(メディアアート)。経済産業省「未来の教室”とEdTech”」研究会研究員。フルブライター。米日財団日米リーダーシッププログラムフェロー。数理女子・東京大学理学部数理科学研究科共催ワークショップ企画担当。
主な著書に『人生を変える「数学」そして「音楽」』『音楽から聴こえる数学』(講談社)絵本『タイショウ星人のふしぎな絵』(絵:くすはらじゅんこ)他、
主なCDに中島さち子PianoTRIO ”Rejoice”、“希望の花”他。

鈴木 広志

サクソフォン奏者/作曲家
東京藝術大学卒業。「チャンチキトルネエド」「東京中低域」「清水靖晃&サキソフォネッツ」「キネマと音楽の夕べ」「大友良英スペシャルビッグバンド」等で中核を担い、FUJI ROCKFESTIVAL、Montreal international Jazz festivalなど国内外のフェスティバルに出演。
CD『国宝「上杉本洛中洛外図屏風」(狩野永徳)を聞く』、CD「名画をいろどる話芸と音楽~耳できく展覧会」、CDBOOK「大人のための俊太郎」発売中。NHKドラマ「あまちゃん」「とっとテレビ」(音楽/大友良英)ではサックス/リコーダーを演奏し劇中にも出演。近年は遊佐未森、大橋トリオ、椎名林檎、秦基博、ハナレグミ、小野リサ、林正樹、アンサンブルノマドなど共演。「過保護のカホコ」「いだてん」にても演奏。http://suzuki-hiroshi.com/

相川 瞳

パーカッション奏者・ビブラフォン奏者
東京藝術大学卒業。幼少よりピアノ、中高は東邦音楽大学付属ピアノ科在籍。16歳より本格的に打楽器を学ぶ。同大学同声会賞受賞。2007年プロヴディフ国際打楽器コンクールDUO部門にて2位入賞。(1位なし)2013年「大友良英withあまちゃんスペシャルビッグバンド」のメンバーとしてNHK紅白歌合戦に出場。2017年NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』にソリスト出演。レコーディング、舞台、アーティストサポート、ミュージカル、現代音楽などのジャンルによらない幅広い活動を展開する他、作曲編曲も手がける。坂東玉三郎、渡辺えり、椎名林檎、小野リサ、岩城滉一、姿月あさと、蘭寿とむ、Flower等のレコーディングやライブに参加。「過保護のカホコ」にても演奏。

コロナ対策に関するご案内

みなさまに安心してお楽しみいただくため、イベント当日は、ご協力をお願いいたします。

  • ●新型コロナウィルス感染症予防のため、受付での体温測定にご協力をお願いいたします。
  • ●マスクの着用・手指の消毒をお願いいたします。
  • ●席数を限定し、全席指定となります。
  • ●当日、体調の悪い方、37.5度以上の体温の方、咳などのある方のご入場はできません。
  • ●感染状況によりイベントの中止の場合もございます。
  • ●キャンセルポリシーは各申込ページにてご確認ください。

OUR JAZZ Story

本イベントにご協力いただいた方に「勇気をもらえる曲」や「元気を出したいときに聴く曲」のアンケートにお答えいただきました。選んだ曲やその曲にまつわるエピソードやコメントをご紹介いたします。

イベント開催場所の紹介

FLOOR MAP 館内マップ 1F 館内マップ 3F 館内マップ 4F AREA MAP 紀尾井町周辺マップ

各イベントに関するお問い合わせ先:kioi.jazz@h-g3z.com